読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島市 ニットとレースの編み物教室「unfil(アンフィル)」

unfil(アンフィル)とは、フランス語で「1本の糸」という意味です。 「1本の糸」で一編み一編み作る編み物の世界へようこそ。

イーネオヤ)人工シルク糸を使った作品の試作を始めました。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 <イーネオヤの糸について>

   f:id:wacaknitting:20151005100359j:plain

 私が使っている糸は、はるばる海を越えてトルコからやってきます。

注文してから1カ月近くかかることも・・・。

「まだかな!まだかな!」と ワクワク楽しみに待っています。

 

オヤ糸は、主に3種類あります。

 ナイロン・ポリエステル・シルク

 

メーカーもさまざまあり、各メーカーによって糸に特徴があり、自分好みの糸を探すのはなかなか大変ですが、楽しくもあります。

 

 私のお気に入りは 

KAPLAN・ Leylak ・人工シルク です。

 

上記写真は、KAPLAN です。

 

KAPLAN ・・・ ボリュームがあり、カチッと硬めのしあがり

Leylak ・・・ やわらかめで、日本人好みの微妙な色が豊富

人工シルク ・・・ マットな仕上がり

 

最近は、日本の絹糸も気になっています。

 

いままで、私は主にポリエステルを使っていましたが、久しぶりにイーネオヤを再開して、感覚も思いだしてきたので、人工シルク糸に挑戦をしています。

 

人工シルク糸は、自分で好みの硬さ・太さに撚って使います。

 

  f:id:wacaknitting:20160128090206j:plain

左 ⇒ そのままの状態( 糸撚り前 )

右 ⇒ 撚った状態

 

糸を撚るのは機械ではなく手で撚っていきます。

ひたすら撚り撚り・・・。撚り撚り・・・。

 

  f:id:wacaknitting:20160128090553j:plain

撚った人工シルク糸で、結ってみました。

マットな仕上がりで、日本人の肌の色に似合うように思います。

 

糸をひたすら撚る作業は、根気のいる作業ですが、

頭の中が無心になって集中できるので、私はけっこう好きです。

 

この人工シルク糸を使った作品をたくさん考えています。

試作、がんばります(*^_^*)

 

 

● Online Shop ●

f:id:wacaknitting:20160111101543j:plain

>> Online Shop minne はコチラ

>> Online Shop creema はコチラ